読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年明けに両親に“明からめた”ことのメモ

自己開示 四柱推命鑑定師 摂食障害 トランスジェンダー/トランスセクシャル

私が去年の冬の始め頃にモヤモヤしている事がありました。(今日は文章長めです。)







感じていることをどうしても確認してみたくて、去年の12月に「たまこと岡田と子宮男子モッさん夫妻の人生とお金の話し(下にブログのリンクを貼ります)」のお話会に参加して






(子宮男子もっさんとは女性ですが、男性と結婚してお子様もいらっしゃるけれど、自分の性に違和感を感じていながら周りの目を気にしてして隠して蓋をしてきたけれど、好きな女性が出来て今はオープンに男性として生きている素敵な男性のことです。)







私も親に“隠している”違和感に嫌になって親に打ち明けても大丈夫かなと、先輩として一言聞きたかった。






もっさんから「大丈夫だよ!」という言葉と“打ち明けるのには車の中が良いよ!逃げられないし、面と向かい合わせにならないから落ち着いて話せるから笑”とアドバイスも頂いた。






年末に帰った時に話そうと思ったけど、色んな邪魔が入って話せず…
1月に手紙で綴って打ち明けることに。







なにを打ち明けたかというと、この歳で“回春アロマオイルマッサージの仕事をしている”ということ。
と、私が今まで生きてきて味わった“いじめや”“摂食障害”“男性運”について“人生の最悪だったんだ!辛かった!私を仕事で判断しないで!”
一番辛く感じたのは親からの“ちゃんと仕事してるの?何の仕事なの?”といわれるのか嫌いだった。
でも、

“これから私の人生良くなる一方なのよ”
も言いたかったし何よりも「安心」させたかった。





でも、それって私自身が“自分”に誰よりも“安心”してって言いたかったんだと。






そして、仕事で判断しているのは“私”なんだと。






私が“後ろ向き”に捉えてる仕事で、自分にご飯を食べさせてるのに、人に堂々と…ましてや親に堂々といえないのが一番息苦しかった。






親に伝えた結果どうなったかというと、父親は比較的落ち着いて「めぐみを信頼するよ。気を付けて仕事してね。」といってくれたと対照的に、
母親は瞬間「汚らわしい!そんな仕事将来どうなるの?心配!最悪だわ。お母さんの人生終わった…」となってしまったけど、「大丈夫だから!心配ないから!」と母に言い続けて、乗り越えた今では仲良くなった。
(↓こんな感じ)

そのDVDといってるのはこちら↓【両親へ〜日光旅行〜】
http://youtu.be/ck8HBrr0gXY




自分を明からめることで、こだわりを“手放”すことで、手に入るモノがある。






心身調律セラピスト 岡田哲也さんのブログ
http://s.ameblo.jp/iyashiya1848/entry-11989673530.html



子宮男子もっさんのブログ
http://s.ameblo.jp/sikyudansi0413/entry-12139137466.html


もっさんの奥様の河本直美さんのブログ
http://s.ameblo.jp/sarutsuma522/entry-12137867071.html




運命を最大に生かす四柱推命鑑定師の道はつづく