読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【人生は…】

四柱推命鑑定の一番初めにお話ししている事をお話ししようと思います。




【人生は振り子】
人生は振り子のようだと私は解釈しています。
振り子が例えば100振れるとして、右に50振れたら同じく左にも50振れるます。
陰と陽、表裏一体。




ー以下分かり易いように、例えとして陰は悪いこと、陽は良いことと表現しますー






人生は、陰と陽同じ割合1:1で良い事も悪い事もやってきます。
その内容・内訳として、親と自分のバランスなのか、パートナーとのバランスなのか、子供と自分のバランスや関わる人とのバランスで、その内訳は埋められています。




そして本人の感じ方や受け取り方で、内容・内訳はバランスが変わります。
例えて人生が左右に50%振れる振り子として、合わせて100%になるとします。
現実としては陰・悪いこと50%、陽・良いこと50%で来ているのに、悪いこと70%、良いこと30%の割合になっていると、自分の中で勝手に良いこと20%を無かったことにして悪いこととしてしまっているのではないかと思っています。




逆に陰・悪いこと30%、陽・良いこと70%とかにも捉える事も出来ます。





(因みに四柱推命の命式の運勢エネルギーが大きかったり、特殊命式や強い星が付いている人は、振り幅が大きいので出来ることも大きい反面、その反対の事も起こりやすい。50:50の人もいれば30:30の人もいれば、100:100の人もいます。
正直、親も違うければ、育った環境も違うので、比べても良いのですが、種類としては哺乳類でヒト科ヒト属ヒト種なのでベースとしては同じですが、アンドロイドではないので持って生まれたモノや精神や能力は違うので、比べられない部分もあるのです。そして振り幅が幾つでも、受け取る側の捉え方一つで内容は変わります)




左右に揺れるということは、心も揺れるのも当たり前です。
ただ、自分の中心点を知るということ。
バランスの取れた位置を知るには、左右に振れないと分からない。




人生に置いて同じバランスで来るというのを、例えて言うなら、コインの『表』だけ受け取るという事は、物理的に無理です。
受け取る時に、コインの『表を見るか?』『裏を見るか?』それとも、『コインは裏表両方あるよね。』と【事実として知っておくこと】がコインをすんなり受け取る第一歩とおもいます。
(そもそも、コインに対して一々裏表なんて考えは持たないから受け取れるけど、お金は良くないとか思ってると受け取れない場面があります)





人生は、良いことも悪いことも両方起こる。
ただ、それを【知る=認知する】ということが、【不安を消す】唯一の方法。
知ること認知することで【次の一手】が見つかる。





【人は訳の分からないことや、予測の付かないことに不安を覚える】
生きるということは『体験して知る』ということ。
生きることで自分を知っていく。
体験すること、知ることで人生を創っていく。









だから、思考を選択することが大切に成ってきます。
その時、自分が何を選択するのか?
成りたい未来に置いて現在は何を選ぶのか?





ー長くなったので続きますー



お読み頂きありがとうございました♡



12月四柱推命鑑定、お申し込み受け付けております。
こちらから↓
四柱推命×心理カウンセラー – あなたの運勢を活かして幸せになる